からだの健康は歯と歯ぐきから 徳島市 小倉歯科診療所のブログ

年々増えている口腔がん(2)

早期発見が鍵 定期的にセルフチェックを!

 

口腔がんはお口の一部を切除するなど、食事や会話などに直結するので、後遺症が少ないことはとても重要です。実は口腔がんは、初期症状のうちに治療すれば完治する可能性が高く、後遺症も少なく済みます。そこで大切なのが「セルフチェック」。内臓と違い、お口は自分でもチェックできますので、ぜひ月に一度はチェックしてみてください。

 

セルフチェックリスト

 

□2週間以上治らない「口内炎のようなもり上がった傷」や「ザラザラしたただれ」がある

□「硬いしこり」がある

□舌や歯ぐきが「赤」や「白」に変色している

□歯ではなく、舌や歯ぐきが食事中にしみる

□舌が動かしづらい、しびれがある、のみこみにくい

 

これら一つでも当てはまったらすぐにご来院ください。

年々増えている口腔がん(1)

がんといえば様々な部位に発症しますが、実はお口の中にも「口腔がん」と呼ばれるがんができます。その数は毎年増え続けており、30年前と比較しておよそ3倍にも。10年以内には1万人を超えるといわれています。

5年生存率60%

口腔がんの年生存率は胃がんの64.6%を下回る60.2%(国立がん研究センター調べ)。言い換えると40%もの方が5年以内に亡くなっていることになります。その原因の一つが「発見の遅れ」です。日本では欧米の先進国に比べ「口腔がん検診」がまだまだ普及しておらず、見つかったときには進行しているケースが多いため生存率も低くなっています。

舌癌舌がん

歯肉癌歯肉がん

引用:東京歯科大学口腔がんセンターパンフレット

 

10月になりました

yjimageソリダスター

 

10月は夏の暑さも和らぎ、着るものにも変化が出て来る頃ですね。日本の秋の衣替えといえば多くの地域で10月1日となりますが、皆さんは衣替えはもうお済みですか?衣替えは習慣なので無理にするものではありませんが、学生さんの多くは設けられた期間内に制服を変えることになるかと思います。

 

さて、衣といえば「歯に衣(きぬ)着せず」という言葉がありますが、歯にも実際に「衣」のような「細菌がつくった膜」がついてしまうことをご存知でしょうか?

この膜は「バイオフィルム」と呼ばれ、あの「排水口のヌメヌメ」と同じ構造をしています。これはむし歯や歯周病などの原因になり、歯科でなければ完全に取りきれない厄介者です。

 

歯を守るには、定期的な「衣替え」ならぬ「衣はがし」がとても大切ですので、ぜひ当院にお任せ下さい。お口の健康に関して気になることがありましたら、歯に衣着せず、どんどんご相談ください。

歯の本数と人生の豊かさ(3)

歯の本数は「認知症」や「転倒リスク」とも関連しています。「歯がまったく無く、入れ歯などもしていない人」は「歯が20本以上ある人(※歯がなくても入れ歯により噛み合わせが回復している人も含む)」に比べて、認知症の発症リスクが1.9倍も高くなるという調査結果があります。

 

また、「歯が19本以下で入れ歯をしていない人」は「20本以上歯がある人」と比べると、転倒リスクが2.5倍という結果も。転倒をきっかけに寝たきりになってしまう高齢者は非常に多く、「認知症」とあわせてここでも「健康寿命」と歯の本数との関連性が見えてきます。

 

高齢になって歯を失う原因の多くは「歯周病」です。歯周病は単に歯ぐきが腫れる病気ではなく、歯を支える骨を溶かしてしまう病気です。しかも自覚症状がなく進行するため「沈黙の病」ともいわれています。「気づいたらもう抜かざるを得なくなっていた…。」そうならないためにも、自覚はなくても必ず定期的に歯科でチェックすること。これは健康で長生きするためのとても大切な習慣のひとつです。

歯の本数と人生の豊かさ(2)

「健康寿命」という言葉を聞いたことがありますか?「健康寿命」とは「元気で健康に自立して過ごせる期間」です。豊かな人生を過ごすためには、単に長生きするだけでなく、「健康寿命」を長くすることが大切です。実はこの「健康寿命」にも歯の本数が関わっていることがわかってきています。たくさん歯が残っている人ほど「寿命」も「健康寿命」も共に長くなります。健康で長生きをするためにも歯はとても大切です。

歯の本数と人生の豊かさ(1)

皆さんは「8020(ハチマルニイマル)運動」という言葉を聞いたことがありますか?これはなんでもおいしく食事をするために「80歳になって20本以上の歯を保とう」という運動です。歯が多いことは、実は食事だけでなく、健康で豊かな人生を送れるかどうかにも深く関係しています。

 

お煎餅・お肉・イカなど、「歯ごたえがあるからこそおいしい」という食べ物がたくさんあります。しかし、歯が少なくなると、食べられるものがどんどん限られていきます。好きなものをおいしく食べられることは、豊かな人生には必要不可欠。歯は20本以上あれば不自由なく食事ができますので、まずは20本以上維持することを目指しましょう。

秋が近づいてきました

徳島ではまだまだ暑いですが、早いもので今年も残すところあと4ヶ月を切り、1年でもっとも過ごしやすいとされる季節がやってきます。読書に芸術、スポーツに行楽と、楽しみ方は人それぞれですね。

 

ところで、この時期になると「読書の秋」や「スポーツの秋」と同じくらい耳にするのが、「食欲の秋」という言葉です。読書やスポーツに秋の気候がピッタリなのは分かりますが、お腹が減るのは何も秋に限ったことではありません。

 

ならなぜそう言われるのかというと、昔から秋は実りの季節であったことが一番の理由だと思われます。他にも、夏バテで弱った体が回復するためや、元々動物が冬に向けて栄養をたくわえようとする時期であるためなど、様々な理由があるようです。食欲の秋。美味しいものを美味しく頂くために欠かせないのは、やはりお口の健康です。何か気になることがありましたら、ぜひお気軽に当院をお訪ね下さい。

知っていますか? 酸蝕症(3)

酸蝕症による症状

□歯がしみる(知覚過敏)

□歯に厚みがなくなる・先端が欠ける

□つめものと歯の間に隙間ができる

□歯のかみ合わせの山が平らになる

new_yjimage[1]

気づきにくい酸蝕症

酸蝕症はむし歯のように一本だけ進行するのではなく、広い範囲で少しずつ進行するケースが多いです。なかなか気づきにくいので、「酸蝕症による症状」をご覧いただき、もし該当するものがあれば、進行する前に早めにご相談ください。

 

 

知っていますか? 酸蝕症(2)

歯を溶かす飲食物

食品

〇オレンジ 〇いちご 〇パイン 〇ドレッシング

〇レモン 〇グレープフルーツ 〇梅干し 〇りんご

 

飲料

〇梅酒 〇ワイン 〇栄養ドリンク

〇コーラ 〇黒酢 〇スポーツ飲料

 

酸蝕症の予防法

上にある飲食物を過剰に摂取したり、だらだら飲んだり食べたりするのを

控えましょう。また摂取した後はうがいしたり、水やお茶を飲んだりして

洗い流しましょう。

左にある飲食物を過剰に摂取したり、だらだら飲んだり食べたりするのを控えましょう。また、摂取したあとは、うがいをしたり、水やお茶を飲んだりして洗い流しましょう。

 

知っていますか? 酸蝕症(1)

暑い日には、冷た~い飲み物が欲しくなりますよね。でも、暑いからといって頻繁に「炭酸飲料」や「スポーツドリンク」を飲みすぎるのはおすすめできません。なぜなら、酸性度の高い飲み物を飲み続けると「歯を溶かしてしまう」恐れがあるからです。

20170816112920_IMG_0518-e1504075677154-300x182[1]これが酸蝕症!!

 

歯は酸に非常に弱く、摂取し続けると写真のように歯が溶けてしまいます。これを酸蝕症といいます(むし歯とは違うものです)。酸性度の高い飲み物だけでなく、酸性度の高い食べ物も摂取し続けると酸蝕症の原因となります。特に夏は炭酸飲料やスポーツドリンクなどを飲む機会が多いので、十分注意が必要です。

また、逆流性食道炎などによる嘔吐(おうと)での胃酸も酸蝕症の原因になります。